晴れた日には本を読もう

主に読んだ本、映画、美容情報を更新していきます。

前田忠明著「大原麗子 炎のように」

今日、紹介する本はこちらです。

 

大原麗子 炎のように」前田忠明

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大原麗子炎のように [ 前田忠明 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/27時点)

楽天で購入

 

大原麗子さんが、亡くなってもう10年が経つのですね・・。

 

こちらの本は生前彼女と親しくされていたレポーターの前田さんが、実弟のインタビューなどを元にして大原麗子さんの子供の頃から亡くなるまでのエピソードが色々語られていました。

 

外見は綺麗で可憐ではあったけれど内面は気性が激しく男勝りというギャップ、そして最期は「孤独死」という波乱万丈な人生。

 

孤独死という衝撃的な死を遂げた彼女。

 

亡くなった2009年当時ワイドショーやマスコミでは、「悲惨な晩年を過ごした」という部分ばかりがクローズアップされていたように記憶しています。

 

ただ、彼女は本当に可哀想な最期だったのだろうか?

 

本書を読む前は私も「あんなに華やかな人でも最期は・・」思っていましたが、間違っていました。

 

麗子さんは本当に強い女性だったのです。

 

1人の女性として幸せになることよりも、女優になって魂を燃やす生き方を選択した彼女。

亡くなる直前まで女優であることにこだわった彼女。

彼女は自ら選んで「孤高」を生きた、そして最期「孤高の死」を選んだのだと。

 

彼女らしい最期だったのではないでしょうか。

 

私は彼女のように華やかな美貌もなく、お金を稼ぐ能力もない、でも根本的に孤独感を感じていて「1人」で生きなければいけないと潜在的に強く思っているところに、とても共感しました。

 

私も結婚する予定もなくこのまま独身を通せば、孤独な晩年を過ごし孤独死になるだろう。

 

どんなに孤独になっても病に苦しめられたとしても、それでも自分を持って生きたいと強く思いました。

 

誇り高く美しく生きた大原麗子さんは、永遠に人々の心に残り続けるでしょう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

本日、紹介する映画はこちらです。

↓  ↓  ↓

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 2008年米 主演 ブラッドピッド

 


 

 

洋画で久々に心動かされた作品です。

 

私自身、年齢を重ねるにつれ希望や夢が亡くなり絶望感や喪失感ばかりが募ってきています。

 

まさに人生折り返し地点の焦りと老いに対する恐怖で毎日心が蝕まられています。

 

しかし、この映画の主人公のベンジャミンは老人の姿で生まれ、年を重ねるにつれ肉体はどんどん若返っていくという運命を背負って生きています。

 

老いを迎えることの恐怖は世間では一般化されていますが、どんどん若くなっていくという人生もまた辛いものなのかもしれないと感じました。

 

ベンジャミンが幸せだったのはちょうど人生の折り返し地点の40代の一時期だけだったのかな・・と思うと、とてもやるせないですね・・。

 

精神年齢と肉体年齢のバランス、運命の女性ベイジーとの年齢のバランス、色々な面でバランスがとれていてピッタリとはまっていた刹那の幸せ。

 

「永遠なんてないのね」

 

「この(2人の)姿、しっかり目に焼き付けておきたい」

 

人生は、なかなか儚いものです。

 

今の年齢を懸命に生きたい、現在を生きるこの瞬間を愛しく大事にしていこう、と強く再認識させられました。

 

 

 

*「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を鑑賞するなら初月無料の動画サイトがおススメ

↓    ↓    ↓

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

なぜ私は「秒速5センチメートル」に惹かれてしまうのか?

前回の記事、映画「秒速5センチメートルの追記です。

↓    ↓   ↓    ↓

 

wakana9055.hatenablog.com

 なぜ私は、この映画に惹かれてしまったのだろう?

なぜ主人公に感情移入してしまったのだろう?

 

巷ではこの映画をみて余韻から抜け出せなくなってしまった人を「秒速病」と呼ばれているらしい。

 

私がこの映画に惹かれ感情移入して世界観にはまってしまった理由として考えられるのが、自身の恋愛経験からきていると考えられる。

 

私には、10代の頃ではなく大人になってからだけれど「遠距離恋愛」の経験がある。

 

しかし、逢いたい時に逢えない、顔を見れないというのは、恋愛の継続を非常に困難にさせてしまう。

 

最初の頃はメールでのやり取りを頻繁にしていたものの、回数がどんどん減っていってしまう。

 

「文字だけのやりとり」は限界がある。

 

次第にその「文字だけのやりとり」に虚しさを感じはじめ、どちらかもなく自然消滅のような形になってしまうケースが遠距離恋愛の場合は非常に多い。

 

しかし、相手を嫌いになっったわけではない。

彼のことは変わらぬ「好き」なままなのだ。むしろ「好き」という気持ちも会わない分、美化されたり理想化もされてしまう。

 

これが普通のお付き合いだったら、別れを迎えるにしても相手の嫌な部分を近くで沢山見てうんざりして限界となっていくのだろうけれど、遠距離恋愛破局というケースにはそういうことがないのだ。

 

貴樹が明里を心のどこかでずっと引きずっているのも納得がいく。

 

まして10代の時の初恋の相手だからこそ切なさも余計増す。

 

遠距離恋愛の束の間の逢瀬の刹那の瞬間、ずっとそのままではいられないという諦念にも似た気持ち、相手を忘れることのできない・・・・そういう切なさがダイレクトに私には響いてきたのである。

 

明里が貴樹に渡せなかった手紙の用に、ひっそり箱の中にしまって時々読み返したい。

私にとって「秒速5センチメートル」はこんな風に心の中でひっそりと大切にしていきたい映画である。

 

 *ドラマ、映画を鑑賞するならこちらがオススメ(初月無料!)
↓    ↓    ↓    ↓   ↓

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画「秒速5センチメートル」

久しぶりの映画紹介です。

 

本日紹介する映画はこちらです。

 

新海誠監督 「秒速5センチメートル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]
価格:3273円(税込、送料別) (2020/1/18時点)

楽天で購入

 

「君の名は」を鑑賞した時も思いましたが、彼の描く街の風景、都会と田舎の描写は景色の美的感覚は本当に素晴らしいですね。

 

アニメ映画でもジブリ作品は好みではないのに新海さんの描く世界観にはすっぽりはまれるのは何故でしょうね・・。

 

ストーリーも私好みで切なくて良かったです。

 

ただ口コミでは

 

*鬱映画

*主人公の男(貴樹)が未練タラタラ

*全般的に男性のファン層が多く、女性ファンが少ない

 

・・という辛口意見も多い印象を受けました。

 

私は女性では珍しく(?)この映画にハマってしまい原作も漫画も読んだのですが、この映画は「鬱映画」「男が未練タラタラ」なのか考察していきたいと思います。

 

この映画を観終わって「鬱」になったという人は、恐らく明里と喜樹が結ばれなかった、というハッピーエンドにならなかったラストを「鬱映画」と評価してしまったのだと思います。

 

しかし「恋愛」は2人が結ばれるということだけがハッピーなのでしょうか?

結ばれない初恋だからこそ、最後明里が踏切の前にいなかったからこそ余韻のある素敵な映画にもなったのでしょう。

 

あとラストシーン、貴樹は最後の最後にふと顔に笑みを浮かべてたのです!

 

これは諦念という意味にも捉えられますが、明里への思いに無意識に縛られていたことへの思いの解放なのだと私は解釈しています。

 

あの、すれ違いのシーンこそが貴樹の呪縛を解いてくれた、新しい自分への一歩踏み出していく象徴としての「笑み」で映画の幕が締めくくられたのです。

 

新海さんも、「恋が実らなくても前向きに歩いていこう」という思いを込めて作ったようですし。

 

そうしたことを踏まえて私は、この作品は「鬱映画」ということには賛同できません。

 

2つめにに「男性は未練タラタラ」「主人公に共感出来ない」という評価ですが、貴樹は果たして15年間ずっと明里に対して強い気持ちを抱いていたのかは疑問に残りました。

 

原作によると、付き合いこそには発展しませんでしたが高校時代は花苗にも好意は少なからずありましたし、大学時代は2度も激しい恋をしていたし、社会人時代3年付き合った水野さんに告白したのも彼からです。

 

四六時中、明里に思いを馳せていたわけではなさそうです。

 

ただ、男性はフォルダ別保存、女性は上書き保存といったように、貴樹も明里をフォルダの1つとして大切にしていた可能性は否定出来ませんが(;^_^A

 

女性にはイマイチ評判の良くない映画だったらしいですが、貴樹に共感できる&貴樹のような男性に一途に思われて恋をしたーいと思ってしまった私はレアなのでしょうか(;(;´∀`)

 

新海さんの映画をもっとみたくなりました。

 

 

活字や漫画の「秒速5センチメートル」の世界観を楽しみたい方はこちら

 

↓    ↓    ↓   ↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説秒速5センチメートル (角川文庫) [ 新海 誠 ]
価格:572円(税込、送料無料) (2020/1/18時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC) [ 清家 雪子 ]
価格:693円(税込、送料無料) (2020/1/18時点)


 


 


 

 

 

 秒速5センチメートル」を鑑賞するならこちらから(初月無料)

↓    ↓    ↓   ↓    ↓

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

堀江貴文「本物のお金持ちと結婚するルール」

今日、ご紹介する本はこちらです。

 

堀江貴文「本物のお金持ちと結婚するルール」

 


 

 

 

 

確かこの本を買ったのは7年位前だったかな?

 

当時、社長さんに片思いしていて経営者&富裕層の男性が考えていることを知りたくて購入しました(今から思えばその彼はお金持ちに見せたく必死なフリをしていただけで本当にお金持ちだったのか微妙な所ですが、、、)

 

買った当時は流し読みして殆ど内容を忘れてました。

 

そして今年になって、再読・・・。

 

読んでみた感想は・・・お金持ちの男なんかと結婚したくねぇーーー!!( ゚Д゚)

 

その一言に尽きます。

 

ホリエモンの嗜好がそうなのか分かりませんが、金持ち男の物質的&即物的価値観がどうも受け入れられませんでした。

裏で考えているイヤらしい男の本性を見てしまったというか。

 

突発的な予定に合わせて海外旅行に付いてきてくれるような女がいいとか・・。

 

そのために仕事休めだと!?

 

なんか都合のいい女論ばかりでアホらしいですな(苦笑)

 

金持ちの男ってそんなに中身のないスカスカな男が多いのでしょうか?

 

この本を読んで、私は「お金持ちでないけれど心根の優しい男性」と結婚したいと再認識させられました。

 

というか、ホリエモンのような男性と結婚するくらいなら生涯貧乏独り暮らし孤独死した方が100倍マシだーーーーー!!!

 

でも、こちらの本は一定層の女性からは支持を得ているみたいですね。

 

港区女子的な志向を持っている方なら読んでみる価値はあるかもしれません。

 

私は読んでいて気分が悪くなってしまったので読み終えてすぐメルカリで売ってしまいました(;´Д`)

 

 

 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

ドラマ「まだ結婚できない男」感想

久しぶりに今期ドラマを全話観たので感想を書きます。

 

「まだ結婚できない男

出演者・・阿部寛、吉田羊、稲森いずみ

 

最終話まで観た感想

 

なんか、中途半端感が拭えない(;´Д`)

 

前回の「結婚できない男」の続編ということで・・

 

もうひとひねり欲しかったです。

 

以下マイナスのポイント3点です。

 

*ドラマ全編通して1つ1つのエピソードにインパクトない

*最終話が「結婚」するでもなく「一生一人でいるぞ」とキャラを貫くわけでもなく前回の「結婚できない男」と似たような結末。主人公に何らかの結論を出して欲しかった

*脇役の隣人の女優、稲森いずみ演じるカフェ店員のキャラクターの存在意義が薄い(吉田羊の話し相手としてしか効果を発揮していない)

 

数少ない良かった点は、主人公の「お母さん」そして家族がユーモアある愛すべきキャラクターであったこと。

全話を通してインパクトに残る話が少なかったことは否定できないものの、「母親と喧嘩して悪いか!」の回は地味に面白いエピソードで良かったと思います。

 

ドラマを消化不良にした1番の原因がやはり最終話でしょうか?

 

こうなったら吉田羊さんの実家がある長野まで追いかけて行って、母親の前でプロポーズする!

 

とか

 

でも、やっぱり結婚式当日「1人がいいや」となって結婚式場から逃げる・・・

 

くらいの

 

サプライズがあった方が面白いんじゃないですかねーーー(*'▽')!?

 

 

*ドラマ、映画を鑑賞するならこちらがオススメ(初月無料!)

↓    ↓    ↓    ↓   ↓

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

東野圭吾「手紙」

本日、紹介する本はこちらです

↓     ↓     ↓

 東野圭吾「手紙」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手紙 (文春文庫) [ 東野 圭吾 ]
価格:759円(税込、送料無料) (2019/12/10時点)

楽天で購入

 

 

有名な作品ですのでご存知の方も多いと思います。

 

本人が悪くなくても、どうしようもない理不尽なことは人生には沢山あります。

 

その中で、主人公が模索しながら戦略を立てながらも夢中になれることに一生懸命になったり、失敗を積み重ねるたびに何かを諦めて心に折り合いをつけていく・・・そんな姿に共感してグイグイ読み進めていけました。

 

物語の後半に出てきた会社の社長さんが言っていたように、

 

堂々と正直に生きていることが正しいことではないということ

 

それが物事の真実なのかもしれません。

 

人生に行き詰っている方に、オススメの一冊です。

 

 

映画&テレビドラマ版のDVDも出ています。

 ↓    ↓    ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」DVD 【DVD】
価格:4048円(税込、送料別) (2019/12/10時点)