晴れた日には本を読もう

主に読んだ本、映画、美容情報を更新していきます。

映画「くちづけ」

映画は休日にDVDで沢山視聴しているのだけど面白い!と思う作品になかなか出会えず・・。

 

泣ける映画で有名な名作「ロミオとジュリエット」を観ても心が動かされず・・、どうも私は洋画とは相性が悪いのでしょうかね?

 

そんな中、久しぶりに面白い!と思った作品に出会えたのでご紹介します(やはり邦画になってしまいますが・・)

 

映画「くちづけ」

 貫地谷しほり、寺田孝之、竹中直人出演

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くちづけ [ 貫地谷しほり ]
価格:4263円(税込、送料無料) (2018/4/17時点)


 

 

映画の舞台は埼玉県の田舎にある知的障害自立支援のひまわり荘・・、そこでの人と人との触れ合いが主に描かれています。

 

感想・・・大笑いもして、大泣きもしました。

 

最期の展開については賛否両論だったようですが、いっぽん先生とまこちゃんはこれで永遠と離れることはないと思えば、これはこれでハッピーエンドだったのではないかなぁと思いました。

 

ところで寺田孝之さん演じるうーやんは知的障碍者というより、高機能自閉症に見えるのですが・・。

 

電車の時刻表を全部覚えていたり、言葉遣いがやたら大人びて流暢だったり、オレンジ色の服や空き缶にこだわりがあったり・・・、自閉症あるあるのエピソードだと思いました。

 

あと、うーやんの妹のともちゃんが婚約が破談になったとき「僕が馬鹿だから?」ととっさに察する言葉が出てくることにも違和感・・あれは知的に障害がある方が言えるものなのかなぁと疑問。

 

このようにあれ?と思う部分もありましたが、全体的に良く出来ていた作品だと思いました。

 

特に、施設のお金の滞納問題知的障害の犯罪率やホームレス率の高さなど現実社会の厳しさなどもきっちり描かれていたことが良かったです。

 

一見曲者(?)のアルコール中毒気味の施設のおばさんの言葉には現実味がずっしりありました。

 

あの太り過ぎの女子高生や、ともちゃんの婚約者のような人がこの社会にはまだまだ大多数いるのですよね・・。

悲しいことですが、これを受け入れなければいけないのですよね・・。

 

この映画をみて、社会的弱者とは何なんだろう?どうすれば生きる術が見つかるのだろう?と考えるキッカケにもなりました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

ネットで映画を観るならこちらから(初月無料見放題)

↓   ↓    ↓    ↓

 

プチプラコスメで節約

以前は美容だけには投資したいと思っていましたが、貧困になった今は考えが変わってきました。

高い化粧品でも安い化粧品でも良い物は良い!

結局これにつきます

今日は私が現在使っているプチプラコスメについて紹介させて頂きます。

まず化粧水

ハトムギ化粧水をパシャパシャと。 


 




そして化粧水の後に同シリーズのジェルをヌリヌリ。



 

 

 

保湿はミノンの乳液



 

最後にニベアクリームで肌に蓋をしめる

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニベアクリーム 青缶 大缶(169g)【6_k】【ニベア】
価格:564円(税込、送料別) (2018/4/14時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニベアソフト スキンケアクリーム(98g)花王【ニベア】
価格:561円(税込、送料別) (2018/4/14時点)


 





基本のお手入れはそんな感じです。

あとはメイク前にたまにパックします。


 



こちらのシリーズが好きです

スキンケアは基本シンプルに安くです

シワやたるみが気になったら目元美容液などピンポイントで良い物を使ったりしています。

ドラマ「君といた夏」

最近、ノスタルジーな気持ちになることが多いせいか懐かしいドラマが見たくなり動画で全話鑑賞したドラマをご紹介します。

 

1994年放送 北川悦史子脚本

君といた夏

俳優→筒井道隆瀬戸朝香いしだ壱成松下由樹小沢真珠

ひと夏で繰り広げられる切ない恋を演出したドラマです。

 

しかし、この頃の筒井さんは、真面目な好青年というのが見事にはまっていますねー!

そして、いしだ壱成さんはチャラい!と見せかけて、実はナイーブで優しい青年を上手く演じています。

瀬戸朝香さんは、がらっぱちで口は悪いけど根は純粋で素直という役どころ。

 

キャストそれぞれハマり役ですねー。

 

ちょい役だけど、ウッチャン松下由樹さんのお見合い相手役として出演してました。

 

私は昔のドラマも今のドラマも、恋愛ドラマを観て心を揺り動かされることが少なくなりましたが、このドラマはリアルで観た中学生の頃より今の方が感慨深いものがあります。

 

なぜ、私がこのようなありきたりの恋愛ドラマを評価するかというと

 

恋愛ドラマ=ハッピーエンドというお決まりのしきたりを、このドラマは見事やぶってくれたからです

 

それぞれのカップルの行方をみていきましょう・・

入江&景子さん→両想いでありながら景子さんがアメリカ留学して離れ離れになる

あさみ&入江→結局景子さんの未練を断ち切れることが出来ない入江、あさみが身を引く形になる

杉谷&あさみ→完璧に杉谷の片想い・・・九州で医学生を目指すために帰郷してエンド(切ないね)

あさみ&りょうちゃん→あさみが早々とフラれる。りょうちゃん別の女性と同棲して改心する

杉谷&加奈子ちゃん→途中杉谷があさみに心変わりしてエンド。最終回は別の男性を幸せそうに歩いていたね

景子さん&村上→1話当初から破局。村上が別の女のもとにいったのが原因。これは村上がクズすぎる

景子さん&(ウッチャン扮する)お見合い相手→景子さんは入江君のことが好きだったからなぁ・・。でも景子さんが帰国したら、この2人は何となく付き合いそうな予感もしないでもない

 

・・・と、こんなふうに主要登場人物でカップルが一組も誕生しないまま終結する恋愛ドラマってかなりレアじゃないですか!?

 

唯一幸せになれたのが加奈子ちゃんと、りょうちゃんくらい・・?

でもお相手役は主要人物じゃないのが何とも。

 

恋愛はすれ違いばかりでなかなか上手くいかない。

そして好きになった人には好きになってもらえない。

でも好きだから苦しい。

 

そんな恋愛で味わう理不尽さと切ない苦しみを見事に「ひと夏の恋」という形で表現したところがお見事。

ハッピーエンドでないからこそ余韻に浸れる素敵なドラマになった気がします。

 

あの後、また3人がいつの日か再会できたらいいなぁ・・。

 

で、3人の未来を私が勝手に想像しました

入江は、スーツが似合うサラリーマンになっていて社内恋愛でもしていそう。

あさみは、地元で結婚。マイルドヤンキー的なママになって逞しく子育てしている。

杉谷は、医者になって色々な看護婦さんをナンパしてそう(笑)

 

それにしても最終回の3人の海辺で遊ぶシーンは本当に素敵でした。

 

ユーミンの主題歌もGOOD!

 

 

 

VHSも発売されていますので是非皆さんもご覧になって甘酸っぱい恋を堪能して下さい。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

ドラマ「Nのために」

2014年末に放送されていたドラマ「Nのために」を再視聴しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nのために DVD-BOX [ 榮倉奈々 ]
価格:18212円(税込、送料無料) (2018/1/30時点)

 

 

 

原作の小説よりもドラマの方が良かったという非常に珍しいケースの作品だったので思わずブログに書き残したくなりました。

 

このドラマの魅力を簡単にまとめます。

 

・映像が美しい&島の風景が良かった(第一話で希美と成瀬君の自転車2人乗りシーンは映画みたいだった)

・音楽が素晴らしい(思わずサントラを買ってしまった)

・登場人物の台詞が良い(主人公の「下を見ない!上を見る!」が大好きです)

・役者陣が良い(ミスキャストが誰もいない)

・最後まで事件の謎が分からなくてドキドキした

・ミステリー要素と恋愛要素、両方楽しめる

 

まだまだ、良い所をあげたらキリがないのでその辺にしておきますが、このドラマを観てはじめて榮倉奈々をいいなぁと思いました。

 

ただの悲劇のヒロインにならずに、男前で自立した毅然とした姿には勇気を貰えました。

 

特に3話までの高校生の頃の島のパートが気に入っています。

成瀬君との心の絆がしっかり描かれていて、でもシャープペンシル「た・す・け・て」の合図には気付いて貰えないのが切なかったね・・・( ノД`)

 

付き合ってキスしたり抱き合ったりするだけが愛ではない、本当に好きだからこそ相手の幸せを思って身を引く愛の形・・・。

私もそんな経験があるので凄い分かります。

 

離れていても、心が繋がっている成瀬君と希美の関係は改めていいなぁと思いました。

 

こんな感じで最初の頃は成瀬君ひいきの私でしたが、物語後半から西崎さんに好感を持つようになりました。

 

ドラマ内では成瀬君派か安藤さん派に人気が分かれているようですが、私は西崎さん派です。

 

安藤さんは、「こりゃあ、女性にモテるだろ!」みたいに分かりやすい憧れのエリート君「モテの王道」という感じがしてあまり惹かれませんでした(どうやら私は陰のある男性が好きみたいです、苦笑)

 

私が主人公の希美だったら(同郷の成瀬君は心のオアシス&癒しにして)、安藤さんではなく西崎さんの方を好きになってしまうだろうなと思いました。

 

それにしても、西崎さん演じた小出恵介は今や残念なことになってしまっていますね。

小出恵介本人も西崎さんみたいな性格だったら良かったのに・・・。

 

ドラマでは心の傷を抱えながらも、DV被害に遭っている人妻をけなげに純粋に愛して助けようとし、全ての罪を一人で被る献身的な男性でしたからね。

 

「そこまで真剣に誰かに愛されてみたいよー( ノД`)シクシク…」と愛に飢えている私は本気で思ってしまいましたよ・・。

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

 

 

 

貧乏&インドア派な私の過ごし方

お金がない!
寒い!
 
・・で、休日はどこにも出かけずに過ごしている私です。
 
そんなささやかな私の楽しみはネット動画をみること。
 
出来れば安く、そして無料で見たい!
 
 
。。。ということで
1か月にお試し無料で登録したサイトはこちら。

 ↓    ↓    ↓     ↓

 

そして無料期間が終わり、新たに登録したサイトはこちら。

↓    ↓    ↓   ↓


 
 
 
 
U-NEXT は2か月目から1990円、だけど動画の種類が豊富で画質も綺麗です。
 
dTV は2か月目からも500円と安い!
 
とそれぞれの好みで選ぶのお勧めします。
 
 
 
しかもA8.net やポイントタウンから登録すれば、ポイントやお金までもらえるとウハウハなシステムなのです
 
これらのサイトは下記から登録出来ますので皆さんも是非!
 
皆様も外に出たくない日こそ家で映画やドラマ鑑賞ですよ
 
 
 
*貧困しのぎでいくつかお小遣いサイトをはじめました。
私がやっているサイトの中では、こちらのサイトが一番稼げています。
すぐに現金に交換できるので助かっています
↓  ↓  ↓

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 
 
 
*ブログやHPを持っている方はアフィリエイトもおすすめです。
初心者にはこちらのサイトが使いやすいと思います。
↓  ↓   ↓

「なぜいつも似たような人を好きになるのか」岡田尊司著

本日紹介したい本はこちらです。

↓    ↓     ↓

 

 「なぜいつも似たような人を好きになるのか」岡田尊司

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜいつも“似たような人”を好きになるのか [ 岡田尊司 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)


 

 

いつも似たような人を好きになるのは、本能の好みなのか、それとも自我が満たされない部分を異性で埋め合わせしてしまうからなのだろうか?

 

非常の興味深いタイトルと、表紙の絵が意味深で思わず手に取ってしまった本です。

 

しかし、私自身はタイトルに反して、付き合う人&好きになる人のタイプはいつもバラバラです。

 

前に付き合っていた人と雰囲気が似た人にふらっとなってしまったことはあるけれど、顔も性格も全然違ったというオチ。

 

いわゆる好みのタイプ=好きになった人なのです。

 

強いて言えば、

1、自分に少なからず好意(興味)を持ってくれる人

2、女性に対して誠実に向き合おうとしてくれる人

 

を選ぶようにしているし、実際そういう人を好きになっているのですが・・・、

 

なかなか上手くいきませんねぇ(( ノД`)シクシク…

 

この本では、私自身「回避性パーソナリティ」にかなり当てはまっていました。

 

相手が自分を好きだと確定するまで、なかなか本心を出せないし、拒絶されるのに敏感。

好きな人に拒絶されるのが何より恐ろしくて、つい自分の方から距離を置いたりそっけない態度をとってしまう。

 

自己愛性パーソナリティの人に片思いしていた時は本当に苦しかったな・・。

そして、最後の最後には音信不通という拒絶で強制的に関係を断たれ、ますます私は拒絶されることに対して恐怖心を感じるようになってしまいました。

 

ちなみに今は境界性と依存性に、回避性を複合したようなパーソナリティーの人に恋慕してしまっています。

彼の性格は理解できても、そこからどうやって行動していいのか分からない・・。

また、どうせ拒絶されるだろうと思ってしまう。

 

現に何度も拒絶(というか無視)されてしまっているし・・(涙

 

やはり私は回避性が強いようです

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

2002年版の「鬼畜」を見てみた

 

 

前々回のブログでドラマ「鬼畜」について触れさせて頂きました。

(その記事はこちら↓  ↓   ↓

wakana9055.hatenablog.com

 

youtubuで検索したら2002年版のビートたけし&黒木瞳主演の「鬼畜」が出てきたので早速視聴することにしました。

 

f:id:wakana9055:20180111223841j:plain

 

以下ネタバレ含みます。

 

2017年版と2012年版の「鬼畜」の違いをまとめてみました。

1、2017年版は妻は自殺するが、2002年版では妻は死なない

2、2017年版は子供達が父親を慕って和解するシーンが最後に練りこまれているが、2002年版はそのようなシーンはない

3、2017年版は愛人は途中から全く登場しなくなるが、2002年版は最後「やっつ/ぱり子供と暮らしたい」と登場。妻と愛人が対峙するシーンがある

4、2002年版の妻は子供たちにほんの少し歩み寄ろうとする場面が垣間見られる

5、2017年版は長男と妹の再会シーンあるが、2002年版は「よしこを探してください!」とたけしが涙して妹は行方不明のまま

6、2002年版は時代背景が現代的

 

2002年版は工場がつぶれそうで生活が貧しいにも関わらず、妻役の黒木瞳の服装がなぜか上品で身綺麗なんですよね。

 

参考までに2002年版の「鬼畜」

f:id:wakana9055:20180111224045p:plain

f:id:wakana9055:20180111224114j:plain

 

2017年版の鬼畜

f:id:wakana9055:20180111224152j:plain

 

2017年の常盤貴子さん演じた妻役の恰好の方が昭和感出てますよね?

 

ただストーリーとしては2002年版の方が私好みでした。

 

2017年版の最後の5分は視聴者狙いのお涙頂戴シーンの盛り込みが蛇足だったような気がします。

 

玉木宏が出所して子供たちがくれた手紙とイラストに涙するシーン

・亡き妻、梅子の墓参りのシーン・・・・etc

 

制作サイドも救いのある終わり方にしたかったのだろうけれど(Xmasイブに放送されたしねw)「鬼畜」の良さを損ねているような気がしてなりませんでした。

 

2002年は逮捕→長男「この人は知らない!」と最後泣きながら駆け出していく

エンディングで工場閉鎖するシーンありと、バッドエンドでありながら余韻もあり・・という演出が巧みでした。

 

中でも私が一番好きなのは、最後「やっぱり子供を返して欲しい」という愛人役室井滋「あんたは母親の資格ない!」という妻役黒木瞳の対峙シーンです。

 

最初は室井滋が愛人!?えーーーーー!?と思いましたが、

女女した卑しさやなまめかしさ(決して上品でない類の)を上手く演じられていたと思います。

最後の対峙シーンの「乳房が張るのよ」のセリフもなんか良いです。

 

そして黒木瞳の妻役のセリフが泣かせます

 

「もう遅いのよ」

「あんたが、子供を置いていったせいで、あの人と私はもう・・・・泣」

 

人はちょっとしたすれ違いや間違いで歯車が狂って、人生が破壊されてしまうのですよね・・・そんな切ない心情が伝わってきて思わず感情移入しながら見てしまった場面です。

 

2017年版は服毒自殺、2002年版は一人残され工場倒産・・・。

どちらにしろ「鬼畜」の役なのに、なんだか妻が憐れに思えてきてしまいます。

 

愛人の方には全く共感しなかったけど。

旦那は気の弱いヘタレな男という感じですねぇ。。。

 

今度は映画版の緒形拳主演の「鬼畜」も見てみます。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村