晴れた日には本を読もう

主に読んだ本、映画、美容情報を更新していきます。

ドラマ「Nのために」

2014年末に放送されていたドラマ「Nのために」を再視聴しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nのために DVD-BOX [ 榮倉奈々 ]
価格:18212円(税込、送料無料) (2018/1/30時点)

 

 

 

原作の小説よりもドラマの方が良かったという非常に珍しいケースの作品だったので思わずブログに書き残したくなりました。

 

このドラマの魅力を簡単にまとめます。

 

・映像が美しい&島の風景が良かった(第一話で希美と成瀬君の自転車2人乗りシーンは映画みたいだった)

・音楽が素晴らしい(思わずサントラを買ってしまった)

・登場人物の台詞が良い(主人公の「下を見ない!上を見る!」が大好きです)

・役者陣が良い(ミスキャストが誰もいない)

・最後まで事件の謎が分からなくてドキドキした

・ミステリー要素と恋愛要素、両方楽しめる

 

まだまだ、良い所をあげたらキリがないのでその辺にしておきますが、このドラマを観てはじめて榮倉奈々をいいなぁと思いました。

 

ただの悲劇のヒロインにならずに、男前で自立した毅然とした姿には勇気を貰えました。

 

特に3話までの高校生の頃の島のパートが気に入っています。

成瀬君との心の絆がしっかり描かれていて、でもシャープペンシル「た・す・け・て」の合図には気付いて貰えないのが切なかったね・・・( ノД`)

 

付き合ってキスしたり抱き合ったりするだけが愛ではない、本当に好きだからこそ相手の幸せを思って身を引く愛の形・・・。

私もそんな経験があるので凄い分かります。

 

離れていても、心が繋がっている成瀬君と希美の関係は改めていいなぁと思いました。

 

こんな感じで最初の頃は成瀬君ひいきの私でしたが、物語後半から西崎さんに好感を持つようになりました。

 

ドラマ内では成瀬君派か安藤さん派に人気が分かれているようですが、私は西崎さん派です。

 

安藤さんは、「こりゃあ、女性にモテるだろ!」みたいに分かりやすい憧れのエリート君「モテの王道」という感じがしてあまり惹かれませんでした(どうやら私は陰のある男性が好きみたいです、苦笑)

 

私が主人公の希美だったら(同郷の成瀬君は心のオアシス&癒しにして)、安藤さんではなく西崎さんの方を好きになってしまうだろうなと思いました。

 

それにしても、西崎さん演じた小出恵介は今や残念なことになってしまっていますね。

小出恵介本人も西崎さんみたいな性格だったら良かったのに・・・。

 

ドラマでは心の傷を抱えながらも、DV被害に遭っている人妻をけなげに純粋に愛して助けようとし、全ての罪を一人で被る献身的な男性でしたからね。

 

「そこまで真剣に誰かに愛されてみたいよー( ノД`)シクシク…」と愛に飢えている私は本気で思ってしまいましたよ・・。

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

 

 

 

貧乏&インドア派な私の過ごし方

お金がない!
寒い!
 
・・で、休日はどこにも出かけずに過ごしている私です。
 
そんなささやかな私の楽しみはネット動画をみること。
 
出来れば安く、そして無料で見たい!
 
 
。。。ということで
1か月にお試し無料で登録したサイトはこちら。

 ↓    ↓    ↓     ↓

 

そして無料期間が終わり、新たに登録したサイトはこちら。

↓    ↓    ↓   ↓


 
 
 
 
U-NEXT は2か月目から1990円、だけど動画の種類が豊富で画質も綺麗です。
 
dTV は2か月目からも500円と安い!
 
とそれぞれの好みで選ぶのお勧めします。
 
 
 
しかもA8.net やポイントタウンから登録すれば、ポイントやお金までもらえるとウハウハなシステムなのです
 
これらのサイトは下記から登録出来ますので皆さんも是非!
 
皆様も外に出たくない日こそ家で映画やドラマ鑑賞ですよ
 
 
 
*貧困しのぎでいくつかお小遣いサイトをはじめました。
私がやっているサイトの中では、こちらのサイトが一番稼げています。
すぐに現金に交換できるので助かっています
↓  ↓  ↓

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 
 
 
*ブログやHPを持っている方はアフィリエイトもおすすめです。
初心者にはこちらのサイトが使いやすいと思います。
↓  ↓   ↓

「なぜいつも似たような人を好きになるのか」岡田尊司著

本日紹介したい本はこちらです。

↓    ↓     ↓

 

 「なぜいつも似たような人を好きになるのか」岡田尊司

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜいつも“似たような人”を好きになるのか [ 岡田尊司 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)


 

 

いつも似たような人を好きになるのは、本能の好みなのか、それとも自我が満たされない部分を異性で埋め合わせしてしまうからなのだろうか?

 

非常の興味深いタイトルと、表紙の絵が意味深で思わず手に取ってしまった本です。

 

しかし、私自身はタイトルに反して、付き合う人&好きになる人のタイプはいつもバラバラです。

 

前に付き合っていた人と雰囲気が似た人にふらっとなってしまったことはあるけれど、顔も性格も全然違ったというオチ。

 

いわゆる好みのタイプ=好きになった人なのです。

 

強いて言えば、

1、自分に少なからず好意(興味)を持ってくれる人

2、女性に対して誠実に向き合おうとしてくれる人

 

を選ぶようにしているし、実際そういう人を好きになっているのですが・・・、

 

なかなか上手くいきませんねぇ(( ノД`)シクシク…

 

この本では、私自身「回避性パーソナリティ」にかなり当てはまっていました。

 

相手が自分を好きだと確定するまで、なかなか本心を出せないし、拒絶されるのに敏感。

好きな人に拒絶されるのが何より恐ろしくて、つい自分の方から距離を置いたりそっけない態度をとってしまう。

 

自己愛性パーソナリティの人に片思いしていた時は本当に苦しかったな・・。

そして、最後の最後には音信不通という拒絶で強制的に関係を断たれ、ますます私は拒絶されることに対して恐怖心を感じるようになってしまいました。

 

ちなみに今は境界性と依存性に、回避性を複合したようなパーソナリティーの人に恋慕してしまっています。

彼の性格は理解できても、そこからどうやって行動していいのか分からない・・。

また、どうせ拒絶されるだろうと思ってしまう。

 

現に何度も拒絶(というか無視)されてしまっているし・・(涙

 

やはり私は回避性が強いようです

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

2002年版の「鬼畜」を見てみた

 

 

前々回のブログでドラマ「鬼畜」について触れさせて頂きました。

(その記事はこちら↓  ↓   ↓

wakana9055.hatenablog.com

 

youtubuで検索したら2002年版のビートたけし&黒木瞳主演の「鬼畜」が出てきたので早速視聴することにしました。

 

f:id:wakana9055:20180111223841j:plain

 

以下ネタバレ含みます。

 

2017年版と2012年版の「鬼畜」の違いをまとめてみました。

1、2017年版は妻は自殺するが、2002年版では妻は死なない

2、2017年版は子供達が父親を慕って和解するシーンが最後に練りこまれているが、2002年版はそのようなシーンはない

3、2017年版は愛人は途中から全く登場しなくなるが、2002年版は最後「やっつ/ぱり子供と暮らしたい」と登場。妻と愛人が対峙するシーンがある

4、2002年版の妻は子供たちにほんの少し歩み寄ろうとする場面が垣間見られる

5、2017年版は長男と妹の再会シーンあるが、2002年版は「よしこを探してください!」とたけしが涙して妹は行方不明のまま

6、2002年版は時代背景が現代的

 

2002年版は工場がつぶれそうで生活が貧しいにも関わらず、妻役の黒木瞳の服装がなぜか上品で身綺麗なんですよね。

 

参考までに2002年版の「鬼畜」

f:id:wakana9055:20180111224045p:plain

f:id:wakana9055:20180111224114j:plain

 

2017年版の鬼畜

f:id:wakana9055:20180111224152j:plain

 

2017年の常盤貴子さん演じた妻役の恰好の方が昭和感出てますよね?

 

ただストーリーとしては2002年版の方が私好みでした。

 

2017年版の最後の5分は視聴者狙いのお涙頂戴シーンの盛り込みが蛇足だったような気がします。

 

玉木宏が出所して子供たちがくれた手紙とイラストに涙するシーン

・亡き妻、梅子の墓参りのシーン・・・・etc

 

制作サイドも救いのある終わり方にしたかったのだろうけれど(Xmasイブに放送されたしねw)「鬼畜」の良さを損ねているような気がしてなりませんでした。

 

2002年は逮捕→長男「この人は知らない!」と最後泣きながら駆け出していく

エンディングで工場閉鎖するシーンありと、バッドエンドでありながら余韻もあり・・という演出が巧みでした。

 

中でも私が一番好きなのは、最後「やっぱり子供を返して欲しい」という愛人役室井滋「あんたは母親の資格ない!」という妻役黒木瞳の対峙シーンです。

 

最初は室井滋が愛人!?えーーーーー!?と思いましたが、

女女した卑しさやなまめかしさ(決して上品でない類の)を上手く演じられていたと思います。

最後の対峙シーンの「乳房が張るのよ」のセリフもなんか良いです。

 

そして黒木瞳の妻役のセリフが泣かせます

 

「もう遅いのよ」

「あんたが、子供を置いていったせいで、あの人と私はもう・・・・泣」

 

人はちょっとしたすれ違いや間違いで歯車が狂って、人生が破壊されてしまうのですよね・・・そんな切ない心情が伝わってきて思わず感情移入しながら見てしまった場面です。

 

2017年版は服毒自殺、2002年版は一人残され工場倒産・・・。

どちらにしろ「鬼畜」の役なのに、なんだか妻が憐れに思えてきてしまいます。

 

愛人の方には全く共感しなかったけど。

旦那は気の弱いヘタレな男という感じですねぇ。。。

 

今度は映画版の緒形拳主演の「鬼畜」も見てみます。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「逃げ恥」人気に疑問を持ってしまう

年末年始はずーーーっと仕事していて、全く
テレビを見なかった私です。
 
Xmasイブに放送された松本清張スペシャルドラマ「鬼畜」(前回の記事に書きました)が最近最後に見たドラマですね。
 
年末、去年ヒットしたドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」のダイジェスト版が放送されていたみたいですね。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] 逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX
価格:17652円(税込、送料別) (2018/1/6時点)


 

 


 
 私は、去年「面白い」という噂から動画で全話見ましたが・・・・、いまいちなぜこのドラマがヒットしたのか疑問を持ってしまいます。
 
ガッキーの役も、星野源の役も、恋愛不適応と見せながら、かなりスペック高いし。
 
女=顔面偏差値が最高、大学院まで行ける裕福で恵まれた家庭環境、家事能力抜群

 

男=家政婦を養えるほどの経済力、性格は優しく穏やか(2chの女叩きしている喪男とは180度真逆の層)、二重系の派手な顔立ちではないけど今流行りの塩顔で服装のセンスもこざっぱりしていて悪くない。

 

こんな2人が同居していて恋に落ちないわけないだろ――――!!

 

どうせハッピーエンドなんだろうなぁと白けた目で見てしまうのですよ。

 

放送当時はガッキー演じたみくり役のおばさんの石田ゆり子さん演じたゆりちゃんの恋愛が気になっていたけれど、こちらも最後にはあっさりと両想いになってしまうし。

 

所詮「恋愛ドラマ」なんだなぁ・・と思いました。

 

恋愛苦労性の私から見れば、現実の恋愛なんて、もっと泥臭いしぐしゃぐしゃしているし、辛くて苦しいし、こんなにあっさりと上手くいくわけないだろーーーー(´;ω;`)ウゥゥ!!と泣き叫んで暴れ出したくなってしまうわけですよ。

 

というわけで、

リア充&美男美女が主役の「恋愛ドラマ」には全く惹かれません。

 

でも世間では視聴率も良かったみたいだし人気ドラマだったのですよね・・・?

 

フラれてばかりの非モテ女のひがみから、恋愛系のドラマを冷めて見てしまう癖があるのかしら・・・ね(苦笑

 

 

 

松本清張ドラマ「鬼畜」

普段テレビは殆ど見ない私だけど、Xmasイブに放送された松本清張さんのドラマ「鬼畜」は録画して見ましたよー。

 

あえて、イブの日に子供虐待という陰鬱なテーマのドラマを放送するテレビ会社に拍手を送りたい気分になりました。

恐らく私のような人達は、イブに愛だ、恋だなんていうテーマのドラマなんて見る気はしないですもの。

 

演じた俳優は、主人公が玉木宏、妻役が常盤貴子、愛人役が木村多江

他に脇役で柳葉敏郎も出ていたみたいだけど気が付きませんでした。

 

最初、玉木宏が役柄にミスマッチ?と思っていましたが(他俳優に比べて若過ぎ、妻役も愛人役も40代半ばの女優さんを使っているのに一人だけ30代で浮かないか?)と心配していましたが、憐れで気の弱い父親役の雰囲気を上手く演じていたと思います。

 

そして木村多江の愛人役がハマり役過ぎる・・・・。

あの和服姿で髪がちょっと乱れた感じ、かつ表情にしたたかさも出てるし20代、30代の女優でこの役を演じられる人はいないだろうな。

 

何より驚いたのは常盤貴子・・。

 

今の若い子達は知らないかもですが、彼女って私が10代の頃「連続ドラマの女王」と呼ばれていたのですよ。

 

キラキラした恋愛ドラマの主人公というと、必ず彼女をイメージしてましたから。

 

それが今回は鬼畜な妻役。

見事にヒール役を演じていて、さすが女優さんですね。

 

常盤さんをドラマで見たのは久しぶりだったけれど、こんな鬼気迫る迫力のある演技も出来るのだなと見直してしまいました。

 

内容は途中CMが入りまくりで、グダグダ感があってあまり集中してみることが出来なかったけれど、子供達が出来過ぎていませんかね?

 

遊園地に置き去りにされても、海に投げられても、これでも「父ちゃん」だけを慕っているのは何故でしょう?

 

途中で消えた母親の木村多江の存在は・・・??

 

色々疑問が残りましたが、やはり松本清張の世界観は大好きです。

 

15年前のビートたけし&黒木瞳(愛人役は室井滋らしい)バージョン、映画の緒形拳バージョンも見たくなりました。

 

 

お小遣いサイトからU-nextに登録してみた

私が2年半前から愛用しているお小遣いサイト

↓   ↓   ↓
  ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
 

 
なんだかんだで1年間でポイントから1万円以上は換金できているのでお得です。
 
先日は動画サイトのU-nextに登録して、なんと30000ポイントも貰ってしまいました。
 
1か月は無料で映画やドラマが見放題で、インドアの私にはぴったりです。
しかもお小遣いまで稼げるなんて最高!
 
1か月ネット動画を楽しみまくります!

 

面白い映画やドラマがあったら随時こちらのブログでも紹介しますね。