読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日には本を読もう

主に読んだ本、映画、美容情報を更新していきます。

雨宮処凛「小心者的幸福論」

結構前から気になっていた作家の雨宮処凛さん。

はじめて彼女の書籍を手にとって読んでみました。

読んだのはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小心者的幸福論 [ 雨宮処凛 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)


 

 


   
小心者的幸福論

¥1,188
楽天

読んでみた感想・・・・、とにかくびっくりしました

何でこんなに私と思考が似ているのだろうと

小心者で気にしいでいつもビクビクしているなんて・・・・まさに私そのものですww
ついでに嫌いな人間のタイプも彼女と一緒

 

すぐ怒る人や自信満々な人、すぐ人を枠にはめようとして決め付ける人が大、大、大嫌い!!なのです。


泉ピン子「女子刑務所」シリーズの不幸満載の2時間ドラマが好きというのも一緒です。


他にも泉ピン子のオススメドラマとして、「渡る世間は鬼ばかり」「おしんなども挙げられていました。

そういえば彼女の出ているドラマは、いずれも姑いびりや貧乏をテーマにした悲惨なものばかりですね。

 

貧困や生き辛さで悩んでいる皆様、これから「泉ピン子」に焦点を当てて生きてみましょう(爆)

 

フェイスブックSNSリア充の人なんて無視して正解です

テレビもあまりオススメしませんが、もし観るとしたら蛭子能収泉ピン子が出てくるものが無難かもしれませんww

phaさんの書籍もそうだけど、最終的に「ゆるく生きる」のは苦しみを減らすコツなのかもしれないな・・と最近考えが変わってきました。

 

同じ貧乏でも、色々なことに期待せず「まあ、いいか」と楽しく何も考えずにいたほうが絶対人生楽しくなりそうです。

 

雨宮処凛さんは、他にも貧困や政治などにも詳しい方のようです。
もっと彼女の本を読んでみたくなりました。

特にお金がない&人間関係が上手くいかない&生きづらいなどの人には彼女の本はオススメです。

 

少なくとも私は「小心者幸福論」は読んだ後、凄い元気になれました

一つ注意をするとしたら、、、電車の中で読む場合は声をあげて笑ってしまいそうになることです(爆)